トップ / 人材育成に力を入れる事がだいじ

人材育成に力を入れる事がだいじ

人材育成は必要不可欠

売上目標

人材育成は企業存続のため必要

企業において、人材は時間を追うごとに定年などにより不足する以上、新規および中途の採用をして人材を確保し、人材育成を図ることは企業の永続的な活動には欠かせないものです。これを怠ると、各業務部門により技術や経験や人脈の継承ができす、企業活動は止まってしまいます。それゆえに終身雇用が揺らいだ感がある最近では、この人材育成の重要性を再認識する傾向があり、採用後の職業訓練としてOJTやOFFJTに力を注いで長く勤務する人材を育てる傾向が強いです。

営業研修は終了してからが勝負

営業研修で実践に必要なイロハを叩きこまれたとしても、それを使いこなすことができなければ投入した経費が無駄になってしまいます。参加した従業員たちにとって実のある勉強だったことを証明してもらうために、今後はどのようにして実務活動を改善していくのかについての計画を考えさせることが重要です。さらには、営業研修で知ったスキルを現場で活かすことができているのかについても報告してもらうようにすれば、学習効果の高さについて判断できます。

↑PAGE TOP