トップ / 会社破産は弁護士に委託

会社破産は弁護士に委託

会社破産は弁護士に

売上目標

会社破産では弁護士の力が必要

会社破産では、必ず弁護士の力が必要です。債務に対してその額に応じた処理を行わなければならず、また、裁判所への申し立てなども行っていきますので、必要な書類の作成なども行わなければならないからです。代表者などが会社破産の代理人として弁護士に委託して対応をしていくという流れになっていきます。裁判所からの資産保全命令などがなされれば、代理人としてその管理を任せられることにもなり、生産完了まで責任を持った対応が必要になります。

↑PAGE TOP