トップ / 経営者としてのスタートを切る

経営者としてのスタートを切る

個人事業の経営者

売上目標

個人経営から法人化を考える場合

事業を始めた場合、法人ではなく個人事業の経営者として、スタートを切る方が多いです。個人では、事業を継続するための事務の負担や費用が少なく済みます。法人になると法人税以外にも法人住民税や社会保険料等、払う義務のある物が増えますし、支払いに伴う事務処理が煩雑になってきます。売上が400万程度であれば、個人のままの方が良いと思われます。法人化を考えた方がいいのは、個人経営売上が1千万を超える場合です。資金や経営基盤が整っていると言えます。法人として税制の優遇が受けられますし、社会的な信用度も増しますので、銀行のような大手の金融機関からの融資が期待できます。

個人の場合の売上向上

個人経営を営む事業主の方の場合、いかに収益を向上させていくかが非常に重要になってきます。仕事というのは本来様々な部署に分けられ、役割分担をする事で会社としての効率化を図っています。個人では、それらの部署の役割を全て自身でこなさなければなりません。個人経営売上を向上させるのにまず大切なのは営業です。営業スキルがなければ取引先が確保できませんし、自身の会社が安定した収入を確保しずらいです。売上を上げるという使命がありますが、営業は地道なコミュニケーションの積み重ねですので、焦る気持ちを抑えて新規開拓し、徐々に軌道に乗せられると素晴らしいです。

↑PAGE TOP